円谷メディア・コンテンツ株式会社の株式取得(子会社化)に関する基本合意のお知らせ

~旧・円谷映像株式会社の実績とノウハウをブランド化~

当社は、以下のとおり、2022年6月13日付で、株式会社娯楽TVとの間で、株式会社娯楽TVが100%子会社として2022年7月22日(予定)に新たに設立する新会社円谷メディア・コンテンツ株式会社を譲り受けることに関する基本合意書を締結する旨を決定し、株式会社娯楽TVとの間で当該基本合意書を締結いたしましたので、お知らせいたします。

株式会社娯楽TVにより新たに設立される円谷メディア・コンテンツ株式会社は、円谷映像新社株式会社(2004年1月に、旧・円谷映像株式会社ののれんを承継し、株式会社円谷エンターテインメントとして設立)よりのれんを譲り受けることにより、社名に”TSUBURAYA”ブランドを冠し、旧・円谷映像株式会社の実績とノウハウを活かし、キャラクタービジネスを展開してまいります。

なお、今回の基本合意書の締結につきましては、締結先である株式会社娯楽TVの親会社であるアートポートインベスト株式会社が、当社株式の33.08%を保有していることから、関連当事者取引に該当いたします。

1.基本合意書締結の理由

円谷メディア・コンテンツ株式会社を子会社化する目的は、現在、当社グループが、メタバース空間を活用し、お宝グッズの販売を扱っているNFTプラットフォーム「NFT LaFan」内に、旧・円谷映像株式会社の実績やノウハウを活かし、ニューヒーロー、ニューキャラクターを提供するものであります。大手玩具メーカーと協力して、キャラクター販売も行ってまいります。

キャラクタービジネスと並行し、出版も準備を進め、本年秋に、第1回出版物を発表する予定です。

円谷メディア・コンテンツ株式会社は、1989年7月、日本映画、ドラマの特撮の父・円谷英二氏(「ゴジラ・シリーズ」、「ウルトラQ」、「ウルトラマン・シリーズ」など)の三男・円谷粲(あきら)氏が設立した旧・円谷映像株式会社が行ってまいりました、以下の実績やノウハウを、キャラクタービジネスに活かしてまいります。

(1) 映画

① ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説(1990年4月14日)

② 楳図かずお作品

「楳図かずお恐怖劇場」(2005年)

「猫目小僧」(2005年)

(2) アニメ

① 松本零士作品

クイーン・エメラルダス(1998年8月 – 1999年12月)

コスモウォーリアー零(2001年7月 – 2001年9月)

ガンフロンティア(2002年3月 – 2002年6月)

SUBMARINE SUPER 99(2003年5月 – 2003年7月)

宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝(2004年8月 – 2004年11月)

② 横山光輝作品

神世紀伝マーズ(2002年10月 – 2003年2月)

バビル2世(2001年10月 – 2001年12月)

③ 石ノ森 章太郎作品

幻魔大戦 神話前夜の章(2002年2月 – 2002年5月)

④ その他

ふぉうちゅんドッグす(2002年7月 – 2003年3月)

かっぱまき(2003年3月 – 2003年9月)

みどりのくにのこえだちゃん(2004年10月 – 2005年9月)

(3) ドラマ

超人刑事シュワッチ(1990年3月31日)

怪奇千夜一夜物語(1991年4月 – 1991年9月)[1]

B級ホラーWARASHI!(1991年10月 – 1992年3月)

エコエコアザラク(1997年2月 – 1997年5月)

エコエコアザラク〜眼〜(2004年1月 – 2004年3月)

ねらわれた学園(1997年8月 – 1997年9月)

真・女神転生デビルサマナー(1997年10月 – 1998年3月)

仮面天使ロゼッタ(1998年7月 – 1998年9月)

(4) オリジナルビデオ

ミカドロイド (1991年11月8日)

髑髏戦士 ザ・スカルソルジャー 復讐の美学(1992年9月25日)[2]

仮面天使ロゼッタ 漆黒のフレイア(1999年11月21日)

(5) 制作協力

千年王国III銃士ヴァニーナイツ(1999年4月 – 1999年9月)

ウルトラQ dark fantasy(2004年4月 – 2004年9月)

怪奇事件特捜チームS・R・I 嗤う火だるま男(2004年9月25日)

メーテルレジェンド(2000年12月 – 2001年3月)

(6) 制作著作

美少女新世紀 GAZER(1998年8月 – 1998年9月)

(7) アミューズメント

ウルトラマン・ザ・ライド(東京ドーム内のライドアトラクション)

円谷メディア・コンテンツ株式会社の代表取締役は、旧・円谷映像株式会社でコンテンツ制作の経験した、当社代表取締役兼CEO 小貫英樹が就任し、旧・円谷映像株式会社での実績を、キャラクタービジネスに活かしてまいります。小貫英樹の経歴は以下になります。

1989年 日本大学理工学部卒業

1992年 ニューヨーク大学大学院・映画学科シネマスタディズ卒業

1994年 円谷映像株式会社に契約社員として入社

2006年 株式会社本田エンターテイメント(現・株式会社東京レイダース)代表取締役

2016年 当社取締役就任

2021年 当社代表取締役兼CEO就任(現任)

 

2.株式取得予定会社(円谷メディア・コンテンツ株式会社)の概要(予定)

(1) 名称 円谷メディア・コンテンツ株式会社
(2) 所在地 東京都港区西麻布三丁目3番1号
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役 小貫 英樹
(4) 事業内容 キャラクターや出版物などのコンテンツ制作、販売、管理
(5) 資本金 1,000万円
(6) 設立年月日 2022年7月22日(予定)
(7) 大株主及び持株比率 株式会社娯楽TV 100.0%
(8) 上場会社と当該会社

との間の関係

資本関係 株式譲受けにより、当社100%子会社となります。
人的関係 当社代表取締役 小貫英樹が代表取締役を兼任
取引関係 なし

 

3.株式取得に係る基本合意書の締結先の概要

(1) 名称 株式会社娯楽TV
(2) 所在地 東京都港区六本木七丁目6番5号
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役 西村 豊一
(4) 事業内容 映像コンテンツ制作、販売
(5) 資本金 1,500万円
(6) 設立年月日 2010年8月9日
(7) 純資産 11百万円
(8) 総資産 832百万円
(9) 大株主及び持株比率 アートポートインベスト株式会社 100.0%
(10) 上場会社と

当該会社の関係

資本関係 株式会社娯楽TVの親会社 アートポートインベスト株式会社が当社株式の33.08%を保有
人的関係 当社社外取締役 西村豊一が代表取締役を兼務
取引関係 なし
関連当事者への該当状況 関連当事者に該当

 

4.日 程

(1) 決定日 2022年6月13日
(2) 基本合意書締結日 2022年6月13日

 

5.今後の見通し

当社としては、当社の基本事業となる不動産事業、投資事業をベースに、エンターテイメント分野での事業を広めることにより、更に幅広い層に向けて当社のご理解を深め、当社の発展に努めてまいります。

本件により、2023年 3 月期の業績に与える影響は、現状ございませんが、重要な影響を与える事象が生じましたら、改めて開示させて頂きます。

なお、新会社「円谷メディア・コンテンツ株式会社」の子会社化につきまして、詳細が決定し次第、改めてご報告させて頂きます。

 

以 上


PDFをダウンロード