(開示事項の経過)エストニア企業に対する日本向け投資やM&Aに関する
アドバイザリー事業開始のお知らせ

 当社は、2021年8月16日付「エストニア企業に対する日本向け投資やM&Aに関するアドバイザリー事業開始のお知らせ」で、NASDAQ BALTICに上場するエストニア子会社Estonian Japan Trading Company AS(以下、EJTC社といいます。)とともに、エストニア大使館やエストニア経済産業省との協力関係のもと、エストニア企業に対しまして、日本企業を対象にした投資やM&Aに関するアドバイザリー事業を開始することをご報告させて頂きました。
 また、第1号案件といたしまして、遠隔医療システムを開発するエストニア企業の日本市場進出のための日本企業との資本提携に取り組むことをご報告させて頂きました。

 今般、第2号案件といたしまして、「Cognuse OÜ」の日本企業への投資について取り組むことといたしましたので、お知らせいたします。

 「Cognuse OÜ」は、病院や医療従事者向けに、医療現場で、医療ミスをなくし、患者に適正な医療サービスを、効率的に提供するためのアプリ「CoNurse(コ・ナース)」を開発し、日本向けにローカライズし、販売するため、日本の有力なパートナーと資本提携し、協力関係を構築することを希望しており、当社ならびにEJTC社といたしまして、Cognuse社のニーズにかなった日本のパートナーを紹介し、資本提携をアレンジいたします。

 EJTC社は、エストニア大使館やエストニア経済産業省とともに、日本に出資を行いたいエストニア企業の窓口となり、業績をあげてまいります。

 本件により、2022年3月期の業績に与える影響は、現状、軽微であると考えておりますが、重要な影響を与える事象が生じましたら、改めて開示させて頂きます。

以 上


PDFをダウンロード