平成 26 年 3 月期連結業績予想と実績値との差異に関するお知らせ

 平成26 年2 月12 日に公表しました平成26 年3 月期の通期連結業績予想数値と、本日公表の実績値に差 異が生じましたので下記の通りお知らせいたします。

1. 平成26 年3 月期連結業績予想数値と実績値との差異 (平成25 年4 月1 日~平成26 年3 月31 日)

2. 差異の理由

売上高は 3,868 百万円(業績予想は 3,920 百万円)となりました。差異の要因は、オペレーション事業 における店舗売上が全般に見込みに及ばなかったこと、並びに子会社旭工業株式会社において 3 月に予定 していた納品が次期にずれ込んだことなどです。

営業利益は 20 百万円(業績予想は 31 百万円)となりました。報告セグメントごとの差異の要因は以下 の通りです。

①マーチャント・バンキング事業は、ほぼ見込み通り、セグメント利益 121 百万円(業績予想は 121 百 万円)となりました。

②オペレーション事業は、ほぼ見込み通り、セグメント利益 22 百万円(業績予想は 21 百万円)となり ました。

③マニュファクチュアリング事業は、3 月に納品を予定していた納品が次期にずれ込んだことなどから、 セグメント利益27 百万円(業績予想は35 百万円)となりました。

④各報告セグメントに属さない全社管理費用は、諸経費が若干見込みを上回り、△150 百万円(当初予想 は△146 百万円)となりました。

経常利益については、上記要因のほか、為替相場の変動による為替差益の減少などから、26 百万円(業 績予想は35 百万円)となりました。

当期利益については、上記要因のほか、本社移転の特別損失及び税金費用がいずれも見込みを下回った ことなどから、22 百万円(業績予想は28 百万円)に下方修正いたします。                            以 上


PDFをダウンロード