今後の事業展開に関するお知らせ

 本年 6 月 15 日付でご報告させて頂きました大阪市中央区の事業用賃貸マンション取得、 また、7 月 10 日付でご報告させて頂きました名古屋市中区の事業用マンション取得により、 当社の所有物件は 14 物件、取得価額で約 50 億円の体制となります。さらに、今期中に、倍 の 16 物件を取得(40~50 億円程度、金融機関からの借入により調達する予定)し、30 物件、 営業利益 5 億円体制を構築することといたします。

当社は、現在、創業 70 年、上場して 68 年になりますが、上場 70 年目を迎える平成 31 年 3 月期には、東証一部指定基準を充足、現在の東証二部から東証一部指定を目指し、さらな る発展を考えております。

収益物件への投資を中心に、ホテル運営、病院給食事業などによる安定的収益体制をより 強固にするとともに、成長性の期待できる事業として投資しております、仮想通貨事業並び に介護ロボット事業からの収益力向上に取り組んでまいります。

仮想通貨事業につきましては、BTCボックス株式会社との協業体制のもと、アジアを中 心とした仮想通貨取引所の展開、仮想通貨を活用した資産運用商品の開発、販売を行ってま いります。

また、介護ロボット事業につきましては、当社のリソースを活用することにより、投資先 2社の開発する介護ロボットの国内外への販売を展開してまいります。

ご参考に、「今期業績予想と来期の目標」を添付させて頂きますが、今年 11 月中旬に中期 事業計画を策定し、ご報告させて頂く予定でおります。                              以 上


PDFをダウンロード