株式会社アーリーワークスとの資本業務提携に関する基本合意のお知らせ

 本日、当社子会社である MBK ブロックチェーン株式会社(以下、「MBK ブロックチェーン」という。)と株式会社アーリーワークス(以下、 「アーリーワークス」という。)との業務提携並びにマーチャント・バンカーズ株式会社によるアーリーワークスに対する資本参加につきま して、基本合意することを決定いたしましたので、ご報告させて頂きます。

アーリーワークスは、2018 年に創業、ブロックチェーン技術の実用性を追求し、自社でブロックチェーンプラットフォーム「BEXAM」を開 発しております。「BEXAM」は、従来型のブロックチェーンの欠点である処理のスピードの遅さや、とりわけ、取引が多くなると処理が追い 付かなくなるといった問題を解決した、次世代のオリジナルブロックチェーンであり、今後、金融やイーコマースなど、あらゆるデータベ ースを利用したシステムを「BEXAM」に置き換えていくことを目標として開発されました。

「BEXAM」の大きな特徴はスピードであり、1 秒間に 4,000 万件の取引を処理することができます。これは、ビットコインの 500 万倍以上 (7 件/秒)、VISA の 700 倍以上(5 万 6 千件/秒、いずれもアーリーワークス調べ)であり、例えば、自動改札や株式売買などで求められる スピードにも対応することができます。

ブロックチェーンとは、そもそも、中央集権的なサーバーに替えて、分散コンピューティングによりシステムを動かすことのできる技術 でありますが、多くのシステムにとって、そのスピードが導入のネックとなっておりました。しかし、スピードの問題を解決した「BEXAM」 は、大きなサーバーに代わり、より安全で安定的にシステムを運用し、サーバーコストを大幅に削減することができます。

MBK ブロックチェーンは、アーリーワークスが開発した国産ブロックチェーン「BEXAM」が、実用的なブロックチェーン技術として社会に 広く普及していく可能性に注目いたしましたので、日本国内を中心とした様々な企業への「BEXAM」の導入促進に関する業務提携について、 基本合意いたしました。今後、企業や各省庁等が、ブロックチェーンを導入する際の有力な選択肢の 1 社となるよう、支援いたします。ま た、同時に、当社によるアーリーワークスに対する資本参加につきましても基本合意しており、出資金額、出資比率等、決定次第、ご報告 させて頂きますが、連結子会社又は持分法適用会社とするものではありません。

アーリーワークスの概要は以下の通りであります。

(1) 名 称 株式会社アーリーワークス

(2) 所 在 地 東京都中央区日本橋小伝馬町 6 番 1 号

(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役 小林 聖

(4) 事 業 内 容 ブロックチェーン「BEXAM」

(5) 資 本 金 2000 万円

(6) 設立年月日 2018 年 5 月 1 日

(7) 大株主及び持株比率 小林 聖 51%(他大株主につきましては、アーリーワークスの意向により、記載を省略させてい ただきます。)

(8) 当社との関係 人的、資本的又は取引関係はありません。

(9) 財政状態及び経営成績 設立後、決算期を経ておりません。

また、本件につきまして、現段階におきましては、平成 31 年 3 月期以降の業績に与える影響は軽微であると考えており、業績に重要な 影響を与える事象が生じましたら、改めて開示させて頂きます。       以 上


PDFをダウンロード