仮想通貨「Z502」に関するイノベーション合同会社との

資本業務提携に伴う売上並びに利益計上に関するお知らせ

 平成 31 年 1 月 15 日付でご報告させて頂きました「仮想通貨「Z502」に関するイノベーション合同会社 との資本業務提携に関するお知らせ」につきまして、本日、イノベーション合同会社(本店:熊本市東区、 代表者:代表社員 山口真一郎、以下、「イノベーション社」といいます。)との業務提携の内容並びに条 件につきまして、詳細を決定し、平成 31 年 3 月期におきまして、15~20 百万円程度が売上高並びに利益 に計上されることとなりましたので、ご報告させて頂きます。

1.業務提携の内容

業務提携の内容は、当社子会社 MBKブロックチェーン株式会社が、イノベーション社に対し、仮想通 貨「502 Bad Gateway Token(Z502)」の知名度向上と投資家の拡大のため、プロモーション活動全般の企画 や提案、アドバイスを行うもので、平成 31 年 1 月 15 日付でご報告させて頂きましたとおり、例えば、当 社株主優待の活用や、「Z502 Watch」の制作・販売のバックアップなどを行ってまいります。

仮想通貨「Z502」は、平成 31 年 1 月 28 日付「株主優待の実施に関するお知らせ」でご案内させて頂き ましたとおり、海外の仮想通貨交換所「CoinExchange」に上場されており、仮想通貨としての安定性や流 通性・流動性が確保されております。

また、イノベーション社は、「502 おじさん」や「502 大佐」といった著名な仮想通貨インフレンサーを 抱え、仮想通貨投資家向けの情報提供業務を行っております。イノベーション社は、今後、プロジェクト として、「仮想通貨インフレンサープロダクション」を立ち上げるなど、仮想通貨投資家向けの情報提供業 務を強化していく方針でありますが、この情報提供業務に関しましても、MBKブロックチェーン株式会 社より、アドバイスや、運営のバックアップを行うとともに、「仮想通貨インフレンサープロダクション」 を通じ、「COINCOME」や「BEXAM」など、MBKブロックチェーン株式会社がバックアップする他の仮想通 貨案件のプロモーションを展開していくものであります。当社提携先以外の企業からすでに多数の問い合 わせを頂戴しており、実際に取り組みが決定しております。

2.今後の見通し

MBKブロックチェーン株式会社は、この業務提携により、イノベーション社より業務委託料を受領い たしますが、平成 31 年 3 月までの期間に対応する業務委託料として、15~20 百万円程度を受領し、売上 高並びに利益として計上されます。

本件に伴う平成 31 年 3 月期業績への影響は、その他の案件や要因による影響を総合的に勘案し、確定 しだい、ご報告させて頂きます。                                   以 上


PDFをダウンロード