病院食事業の展開による安定的収益基盤の強化について

当社は、8 年間にわたり、毎期、3 億円の売上と安定的な利益を生む事業として、愛媛大 学医学部附属病院で、500 名の入院患者様に、毎日 3 食の病院食を提供する事業 を行ってまいりました。今般、この安定的な売上と利益を生む事業を拡大していくため、業 務の受託に向けて必要な体制を構築し、他の病院においても展開し、当社の安定的収益源と して、強化してまいります。現在、国立大学系の 2 つの病院と、業務の受託に向けて、協議 を進めており、受託できました場合、詳細をご報告させて頂きます。

愛媛大学医学部附属病院におきましては、公益社団法人愛媛県栄養士会副会長を兼ねる当 社スタッフの管理のもと、ホテル運営のノウハウをも生かし、患者様にとって楽しみで、か つ栄養管理の行き届いた病院食を、平成 23 年 4 月より 8 年間にわたり、毎日提供してまい りました。

この取り組みは、これからの病院食のあるべき姿として、テレビ東京「ガイアの夜明け」、 日本テレビ 「news every.」や愛媛朝日テレビ「スーパーJ チャンネルえひめ」など、たび たびマスコミにも紹介されてまいりますともに、患者様にも喜んで頂いてまいりました。

愛媛大学医学部付属病院における病院食の提供は、社会的評価のみならず、年間 3 億円程 度の売上と安定的な収益をもたらす事業であり、この病院食事業を拡大し、当社の収益の柱 として強化してまいります。  以 上


PDFをダウンロード