今後のオペレーション事業の成長戦略について

 当社は、今般、映像コンテンツ並びにブロックチェーン技術を活用し、オペレーション事業のさら なる活性化に取り組んでいくことといたしましたので、ご報告させて頂きます。

現在、当社グループのオペレーション事業といたしまして、岐阜県土岐市にボウリング場を 40 年 以上保有運営し、兵庫県加古川市でホテル運営、愛媛大学医学部附属大学病院の給食事業運営、都内 に 2 店舗のインターネットカフェ(自遊空間)を運営しております。また、当社子会社である株式会 社ケンテンにおきまして、都内を中心に婦人服、子供服の販売を行っております。

今般、当社は、当社大株主のアートポートインベスト株式会社の関連会社であります ART PORT ASIA LIMITED(香港法人、以下、アートポートアジアといいます。)が著作権を持つ映像コンテンツ(映画、 ドラマ他)の一部から、100 タイトルの販売権(番組、配信権)及びリメイク権について、同社より、 日本国内での窓口に関する業務を受託いたしました。今回のアートポートアジアの映像コンテンツ 100 タイトルに関する日本での窓口業務は、単なる 1 つの事業と捉えてはおらず、エンターテインメ ントとしてのコンテンツの活用性は当社の今後の各オペレーション事業へのシナジー、特に、娯楽施 設であるボウリング場、インターネットカフェなどには非常に効果的と考えております。

更に、子会社MBKブロックチェーン株式会社を中心に取り組んでおりますブロックチェーン技術 は、当社が投資事業として積極的に取り組む不動産、フィンテックや医療といった分野ばかりでなく、 お客様へのサービス提供やマーケティング情報の活用など、当社の取り組むオペレーション事業にも 変革をもたらすものであり、ブロックチェーン技術を活用した、オペレーション事業のさらなる活性 化にも取り組んでまいります。

なお、上記の成長戦略により、中長期的に、当社オペレーション事業の業績に寄与するものと考え ておりますが、現段階におきまして、当面の業績に与える影響は軽微であると考えており、業績に重 要な影響を与える事象が生じましたら、改めてご報告させて頂きます。                         以 上


PDFをダウンロード