IVホールディングス株式会社との合弁会社設立並びに 合弁会社による

株式会社SYNCHROとの業務提携に関するお知らせ

 当社は、IVホールディングス株式会社(以下、IVH社という)と見守り介護ロボット及びシステム に関して、販売合弁会社「IVH・MBK販売株式会社」を設立することといたしましたので、ご報告さ せていただきます。

合弁会社におきましては、IVH社独自の販売ルートに加え、平成 31 年 2 月 25 日付「IVホールディ ングス株式会社との業務提携に関するお知らせ」でご報告させて頂きましたとおり、当社グループの、医 療や介護並びにその周辺のさまざまなパイプを活用し、IVH社の見守り介護システムの販売を行うこと により、システムの普及をはかることを期待するものであります。

今回の販売合弁会社におきまして、IVH社が現在進めている見守り介護システムの普及だけでなく、 ブロックチェーン技術の導入によるシステムのさらなる進化発展にも取り組んでまいります。

見守り介護システムは、1人暮らしやお年寄りの方の生活を守るために、非常にデリケートな個人情報 を扱うものであり、異変をキャッチした場合の緊急時における、各自治体、医療機関、大手警備会社との 情報伝達において、情報伝達の確実性、個人情報の保護、情報の透明性など、様々な管理システムをさら に強化するため、ブロックチェーン技術の導入を検討するものであります。ブロックチェーン技術を導入 することにより、IVH社の見守り介護システムの、より安全で正確な社会インフラとしての発展を期待 し、今後、当社グループのリソースを活用し、ブロックチェーン技術の導入することについて、検討を進 めてまいります。

更に、平成 31 年 4 月 15 日付でご報告させていただいた、このビジネスモデルと相補関係にある住宅へ の静脈認証装置を含めた「アクセスコントロール」を進めている株式会社SYNCHROと、IVH・M BK販売株式会社が業務提携の基本合意をいたしましたので、加えてご報告させていただきます。

病院を起点とした高齢者向け「コンシェルジュサービス」を推進及び全国の病院及び高齢者施設への見 守り介護ロボット及びシステム、株式会社SYNCHROのもつセキュリティ機器の普及を皮切りに、ブ ロックチェーン技術の導入による総合的管理システムのセキュリティ面の強化、低コスト化を行うことで、 事業拡大を目指し、安全で安心できるサービスを提供してまいります。

なお、今回の、合弁会社設立並びに、合弁会社と株式会社SYNCHROとの業務提携により、中長期 的に、当社の業績に寄与するものと考えておりますが、現段階におきまして、当面の業績に与える影響は 軽微であると考えており、業績に重要な影響を与える事象が生じましたら、改めてご報告させて頂きます。

今般、当社との合弁会社を設立する IVH社の概要は、以下のとおりであります。

設立する合弁会社の概要は、以下のとおりであります。

※ 合弁会社は、現段階におきましては、連結対象といたしませんが、重要性が生じた段階で、連結 子会社といたします。

合弁会社と業務提携する「株式会社SYNCHRO」の概要は、以下のとおりであります。

以上


PDFをダウンロード