第2四半期連結業績予想と実績値との差異に関するお知らせ

 当社は、2019 年5月 10 日に公表しました 2020 年3月期第2四半期(累計)連結業績予想数値と、本日 公表の実績値に差異が生じましたので、下記のとおりご報告申し上げます。

1.2020 年3月期第2四半期(累計)連結業績予想数値と実績値との差異

(2019 年4 月1 日~2019 年9 月30 日) 

(2)差異の理由

当上半期におきましては、売上高 950 百万円を見込んでおりましたが、896 百万円と、53 百万円の未 達となり、この売上高未達が、各段階利益における予想数値と実績値との差異要因となりました。

当社は、業績拡大のための具体的施策として、

① 賃貸用不動産の取得

② 収益源の多様化(仲介やアドバイザリーなどによる手数料収入の確保) に取り組んでいるところであります。

「①賃貸用不動産の取得」につきまして、当上半期は、5 件の物件取得を見込んでおりましたが、条件 にあった物件が確保できず、1 件の物件取得にとどまり、また、「②収益源の多様化」につきまして、不 動産仲介やブロックチェーン関連のアドバイザリー手数料により、当上半期におきまして、25 百万円の 売上を見込んでおりましたところ、特記すべき実績が上げられなかったことが、冒頭の売上高並びに各 段階利益の差異要因であります。下半期におきましては、引き続き、積極的に賃貸用不動産取得を進め るとともに、不動産仲介やアドバイザリー手数料など、あらゆる収益機会を追求し、当上半期の遅れを カバーし、通期業績見込みを達成するものといたします。                                      以 上

 


PDFをダウンロード