加古川プラザホテルにおける「低濃度オゾン発生装置」導入のお知らせ

 当社子会社 株式会社ホテルシステム二十一で運営する「加古川プラザホテル」 (http://www.kakogawa-hotel.com/)は、差別化のため、2017 年 5 月に 全 128 室に「エア ウィーヴ」を導入いたしました。

今年 2 月以降、加古川プラザホテルにおきましても、宿泊キャンセル等、社会的な新型コ ロナウィルスの感染拡大の影響を受ける中、今般、お客様に、更に快適なご宿泊をして頂く ため、まずは客室の一部に、「低濃度オゾン発生装置」を導入しましたので、ご報告させて 頂きます。

加古川プラザホテルでは、「低濃度オゾン発生装置」として、シップヘルスケアホールデ ィングス株式会社(東証第一部・3360)が、医療機関や介護施設向けに提案している「 Airness (エアネス)」(http://airness.jp/)を導入いたします。

「Airness(エアネス)」に関して、新型コロナウィルスに対する効果は立証されていませ んが、さまざまなウィルスを不活化する効果が確認(試験機関:㈱食環境衛生研究所、 http://www.airness.jp/news/20200218.pdf)されており、シップヘルスケアホールディン グス株式会社から仕入れ、他社が運営するホテル施設や介護施設にも販売してまいります。                以 上


PDFをダウンロード