株式会社アビスジャパン(当社関連会社)の解体業の「見える化」の取組みのお知らせ

 当社持分法適用関連会社であります株式会社アビスジャパンは、2020 年 9 月 14 日にご報告させて頂き ましたとおり、コロナ禍で急増する飲食店の閉店に伴う解体工事はじめ、一般建設業許認可東京都知事許 可第 150521 号 に基づく 18 業種の中の解体業に今後も力を入れるとともに、現在多くの受注実績を上げて おります。

従来の解体業において、施主様は解体前と解体後の状況を見てはいるものの、解体がどのように行われ ているのか?法令違反はないか?などのコンプライアンスに関わる事項については、施工業者任せであり ました。

株式会社アビスジャパンでは解体業の「見える化」を推進し、全ての解体現場において、カメラを設置 し、解体途中経過の様子、産業廃棄物の処理状況において、施主様が全てスマートフォンやパソコンで状 況が確認出来るように大手警備会社と協力し、解体現場におけるカメラ設置のサービスを開始しました。

施主様に、解体工事の透明性を高め、さらなる受注拡大をはかるものであります。

株式会社アビスジャパンは、2020 年 10 月期は、2020 年 6 月 23 日にご報告させて頂きましたとおり、売 上高 7 億円を見込んでおり、2019 年 10 月期の売上高 189 百万円の 3.7 倍となります。

当社は、2020 年 1 月 31 日付で関連会社化いたしましたが、大手運送会社の全国の配送センターのLE D化工事や地方公共団体からの工事の受注、生活協同組合アイネットコープ埼玉との連携によるリフォー ム工事や解体工事(空き家対策事業)など、大手や地方公共団体との連携により受注を拡大し、急激に業 容を拡大しております。                                           以 上


PDFをダウンロード