MBKブロックチェーン システム開発受託事業強化のお知らせ

当社子会社MBKブロックチェーン株式会社では、システム開発事業として、当社グループ内で運営す るプラットフォームとして、不動産テック「MBK Realty」や「NFT Bankers」を開発するとともに、エスト ニア暗号資産交換所「ANGOO Fintech」の暗号資産交換システムの開発に取り組んでまいりました。

当社グループでは、2021 年 3 月 24 日に、Estonian Japan Trading Company AS が、Nasdaq Baltic に上 場しており、全体の向上のため、MBKブロックチェーンでは、今般、システム開発事業を強化し、当社 グループ内のシステム開発だけでなく、外部からのシステムの受託・開発に取り組み、収益として取り込 んでまいります。

システム開発事業強化のため、タラプラガダ・アディティア氏を、4月5日付で、MBKブロックチェ ーンIT担当特別顧問として招聘し、さらに、6 月 28 日開催予定の当社第 97 回定時株主総会におきまし て、当社取締役に就任する予定です。

タラプラガダ・アディティア氏は、人工知能の発展に重要な役割を果たした「IBM WatsonHealth – Truven」 の開発プロジェクトをはじめとするビジネスキャリアをベースに、ブロックチェーンやAI、ビッグデー タ解析、IoTなど、最先端のIT技術を駆使し、医療やフィンテック、不動産、飲食、物流、流通など の産業分野や、ゲーム、映像といったアミューズメント系まで、さまざまなシステムを開発してまいりま した。

MBKブロックチェーンは、当社子会社として、2018 年 4 月に設立し、投資や業務提携などを通じ、さ まざまなブロックチェーン関連プロジェクトに携わってまいりましたが、これらのネットワークと、タラ プラガダ・アディティア氏のシステム開発の実績を活かし、システムの受託・開発を展開いたします。

2022 年 3 月期の業績に与える影響は軽微であると考えておりますが、重要な影響を与える事象が生じ ましたら、改めて開示させて頂きます。                                               以 上


PDFをダウンロード