販売用不動産の売却に関するお知らせ

当社は、本日付で、保有する販売用不動産のうち、2 物件の売却を決定いたしましたので、ご報告させて頂き ます。

1.売却する物件の概要並びに日程

物件①

(1) 所在地 大阪市天王寺区

(2) 種 類 共同住宅

(3) 構 造 鉄骨造陸屋根 10 階建

(4) 契約締結 日 2021 年 6 月 22 日(予定)

(5) 決済・引渡日 2021 年 6 月 30 日(予定)

物件②

(1) 所在地 北海道函館市

(2) 種 類 旅館 2 棟(但し、福祉施設として利用)

(3) 構 造 木造亜鉛メッキ鋼板 2 階建(2 棟)

(4) 契約締結日 2021 年 6 月 14 日

(5) 決済・引渡日 2021 年 6 月 23 日(予定)

2.売却先の概要及び売却価格 物件①並びに物件②のそれぞれの売却先及び売却価格につきましては、売却先との守秘義務に基づくそれ ぞれの売却先の意向により、公表を控えさせて頂きます。なお、当社と各売却先との間には、資本関係、人 的関係、取引関係はなく、属性について問題はありません。

3.業績等に与える影響 2 物件の売却による売上高 484 百万円、売却益 63 百万円(営業利益)を、2022 年 3 月期第 1 四半期(2021 年 4 月 1 日~6 月 30 日)に計上いたします。 2021 年 5 月 14 日に公表いたしました 2022 年 3 月期通期並びに第 2 四半期の業績予想につきましては、検 討の上、必要に応じ、修正させて頂きます。 なお、当該不動産は、安定的に賃貸収入を確保するため、長期的に保有しながら、売却により十分な利益 が見込める場合には売却することを目的に取得しました。これまで、売却の見通しがなかったことから、連 結貸借対照表上、有形固定資産としておりましたが、今般、売却により十分な利益を確保できる見通しが立 ったことから、保有目的を変更し、有形固定資産から販売用不動産に振り替えることし、当該不動産の売買 取引は営業取引として会計処理いたします。

4.今後の方針 当社は、安定的収益基盤の源泉として、長期的に収益用不動産を保有しておりますが、保有物件の入替を 行い、引き続き、積極的に物件売却による利益も実現してまいります。                        以 上


PDFをダウンロード