main_side_l.gif
会社案内
ir_sub_menu_bottom.gif
CSR活動
当社がこれまでに取り組んだCSR活動(社会貢献活動)をご紹介いたします。
2011年9月1日、11月25日
「東京フォーラム2011」の開催
2011年に2回にわたり日中関係などをテーマとした当社主催による学術フォーラム「東京フォーラム2011」を開催いたしました。
初回の9月1日には、「東アジアの地域協力と日中関係」をテーマに、中国側から、北京大学国際関係学院北京大学東北アジア区域一体化研究センター理事長であり国際政治研究の第一人者である王緝思氏、及び国際政治経済の専門家である王正毅氏に、日本側から、東洋大学教授の中北徹氏に、それぞれご講演をいただきました。
2回目の11月25日には、「日本のあるべき国家成長戦略と日中関係」をテーマとして、日中経済研究の専門家である中国社会科学院日本研究所所長の李薇氏及び当社取締役会長である古川令治による講演を行いました。
講演のテーマは、いずれも我が国及び中国の重要な検討課題となっているものであり、ご参加いただいた国会議員、学術関係者、企業関係者など日中経済の専門家の方々との間で活発に意見が交わしていただきました。

2011年9月2日付プレスリリースはこちら
2011年12月15日付プレスリリースはこちら
2009年8月26日
北京大学国際関係学院への学術振興支援
北京大学国際関係学院「東北アジア区域一体化センター」は、東アジア地域内の貿易自由化や東アジア通貨の統合の可能性等を研究テーマとし、アジア経済全体の発展に貢献することを目的とした研究施設です。当社は2009年6月より北京大学国際関係学院と学術提携契約を締結し同センターのスポンサーに就任いたしました。2009年8月26日には、学術提携に基づく活動の一環として、同センター主催による中国人民元の国際化と日中の金融協力に関するフォーラム「アジア通貨協力の選択」が開催されました。

2009年8月27日付プレスリリースはこちら
2007年4月12日
社会貢献活動:ボーイスカウト日本連盟への協賛
ボーイスカウト日本連盟への協賛
ボーイスカウト日本連盟は、日本におけるボーイスカウト運動を振興し、青少年の品性の陶冶および国際友愛精神の増進を図り、その健全育成に資することを目的とする団体で、加盟員188,620人、その活動を支援する団体は、112社に及びます。  なお、ボーイスカウト活動は、2007年に100周年を迎えており、4年ごとに開催される世界スカウトジャンボリーが、発祥の地イギリスで開催されます。ボーイスカウト日本連盟は、この大会への参加も含め世界規模の活動を行っております。

ボーイスカウト日本連盟ホームページ
http://www.scout.or.jp/